Tagged: 出産

結婚後も働きたい。既婚女性の悩みについて

働く女性にとって、ライフステージの変化はダイレクトに仕事に影響を及ぼすといわれている。結婚や出産といった変化が女性にはあり、仕事と両立しながら働くということは簡単なことではない。働くことと、結婚や出産を天秤にかける必要はないもののはずが、天秤にかけてしまっている女性が増えているのだ。

その理由は、社会全体が女性のライフステージへの変化に対応しきれていないといった現状があるからだ。結婚したらいつか子供ができるかもしれない、産休や育休の取得をとるかもしれないといった可能性が出てくることから、仕事に関しても責任のあるものから外されてしまったり、新しい事業に参加させてもらえないなどの悩みを抱えている。実際に、妊娠したら産休も育休も必要となる為、会社としてはいつその段階になるのか分からない相手に対して、大きな仕事を任せるには少なからずリスクがある。女性側もその点を理解しているとはいえ、不必要に業務から外したり、変な気遣いをされて困っているという女性も少なくない。

場合によっては、退職を促すような場合もあるというのだ。これは産休や育休制度の実績がある会社であっても例外ではないことがある。そもそもライフステージの変化と働くことは天秤にかける必要のないことであり、社会全体が女性が働きやすい環境を提供してあげることが大切なのだ。時短勤務を可能にしたり、リモートでの仕事ができるようにするなど対策をしていく必要があり、それを許容していける世の中にならなければならない。
このほかにも、ワーキングウーマン雑学で働く女性のストレスに関する情報を収集できる。